小型船舶免許の教習艇

バスボート教習艇

船舶免許試験艇左の写真の青いルーフの艇は小型船舶操縦士の試験機関( icon-external-link (一財)日本海洋レジャー安全・振興協会)所有のもので、うちの艇は前にあるグレーの屋根ものですが、同じ艇で1,2級の教習艇です。(写真は’11マリンフェスタ)この型の艇が全国の小型船舶免許の教習所や試験で多く使用されているボートです。船内外機艇(インボードエンジンアウトドライブ)と言ってエンジンが船の後部に搭載され後ろからプロペラのついた舵が出ています。ただ、このタイプの艇は現在は非常に少なくなっていて、免許を取った時にしか乗ったことがない人も多いと思います。腰が重くて操縦しやすいのですが、なにせエンジンとドライブ(プロペラのついた舵)の設計が古い。米国製3.0L、直列4気筒のキャブレター式OHVエンジン。エンジン単体は丈夫ですが、補機が壊れる。エンジンがかかりづらい。すぐかぶる、たまに止まる。ギヤはガリガリ音を立てる・・・とまるで「旧車」に乗っているよう・・。

船舶免許教習艇ということで、去年エンジンとドライブを取っ払い船尾(後ろ)を改造し最新の船外機(アウトボードエンジン)に換装しました。1年間使用しましたが、完調です。余計なことに気を遣わずに仕事ができます。良かったのはスタッフだけではなく、生徒さんも楽。試験ではエンジンの点検があって、船内外機船ではエンジンルームを開けて、なんじゃかんじゃチェックするのですが、船外機はユニットになっているので、これが非常に簡単。特にエンジン系が苦手な方はこっちで試験した方が楽でしょう。

琵琶湖ではうちのびわこ大津教室に2艇と試験機関がヤマハマリーナに1艇配備。大阪と西宮にも1艇ずつ配備してあるので、びわこ大津教室で教習を受けて大阪と西宮でも同じ艇で試験を受けられます。(うちの岸和田と彦根は旧来の船内外機艇です。)
※平成27年現在西宮の船外機艇を大阪に移動したので、現在は大津市2か所と大阪市になります。


バスボート教習艇それに加えて、おそらく日本でうちだけでしょうが、びわこ大津教室ではバスボートを使って講習と試験も行っています。もともと大津教室で受講する方の半分くらいはバスボートに乗りたい方なので。
ただし、まだまだ寒いので受講する方は防寒着を忘れずに。というかバスボートで釣りをするようなコスチュームで来てください。(これも船外機艇です。)

受講された方には  リブレレンタルボートの5,000円OFFチケットをプレゼントします。


また、バスボート以外のレンタルをご希望の方へ

  1.   オーシャンマリンレンタルボート
  2.  icon-external-link マリンショップオグリレンタルボート&ジェット

湖川限定教習艇そして、これが2級湖川小出力限定の教習/試験艇です。湖川小出力限定というのは湖や川で15kw(約20.4PS)までのボートを操縦できる限定免許です。試験が簡単でうちでは午前講習/午後試験で取得できます。とくに学科は唯一の○×式(他の試験は四択式)なので簡単。実技もボートが小さいので2馬力船を乗ってる方なら楽勝でしょう・・・ただ、コントロールがステアリング式なので普段バーハンドル式の2馬力船に乗ってる方は多少戸惑うようですが・・・安全上、教員や試験員がすぐに手を出せるように、このように改造してあります。琵琶湖やダム湖にはこのサイズのレンタルボートはたくさんあるので、免許さえあれば、すぐに遊べます。

  1.  池原ダム-ワンアップヒライ
  2. 七色ダム-スロープ60
  3. びわこ-オリーブ
  4. 田辺市大塔 山遊館

コメントを残す